Naoko Okusa × St.Paul's Alumni Special Collaboration

立教大学校友会
大草直子 × Sghr
#1
大草直子 × Sghr
Sghr
毎日をちょっと豊かに
豆皿&グラス
↓
大草直子 × 石井洋光
#2
大草直子 × 石井洋光
Sghr
あらゆるシーンに映える
キャップ&トートバッグ
↓

News

2020.03.23
特設サイトを公開しました。
2020.03.24
トートバッグ&キャップの販売を開始いたしました。
2020.03.24
豆皿&グラスの販売を開始いたしました。

Concept

スタイリスト/ファッションエディターとして、多彩なフィールドで活躍する大草直子さん。
立教大学の卒業生である彼女と、校友会のコラボレーション企画が実現しました。
今回、プロデュースしたアイテムは、コンセプト、デザイン、素材に色、そしてロゴマーク、
細部に至るまで大草さん自身が監修し、こだわりぬいたものばかり。
おしゃれでありながら、実用性も抜群。一人ひとりのライフスタイルに寄り添うことを大事にしています。
何より、大草さん自身が “今、心よりほしいと思えるアイテム” をそろえた、特別なコレクションです。

#1 Naoko Okusa × Sghr

#1 Naoko Okusa × Sghr
#1 Naoko Okusa × Sghr
毎日をちょっと豊かに
豆皿

グラス

Story

その器は使う人を笑顔にする

スガハラ

スガハラは、ハンドメイドにこだわるガラス器メーカー。
世界でたった一つの希少性はもちろん、
ハンドメイドにしかない独特の風合いと本物のデザイン性を実現している。

使う人が微笑んでしまうような
“ぬくもり”を持ったガラス食器を届けるために、
つねに新しい試みに挑んでいる。
そのひとつがオリジナルの感性を持ちながらも
同じ志を持つプロフェッショナルとのコラボレーション。

コラボ

今回のパートナーは、立教大学卒業生のスタイリスト 大草直子さん。
スガハラの社長ご夫妻も同窓ということで、今回のコラボが実現した。

ファッションはもちろん、
生活全般のスタイリストとして活躍する大草さんは
楽しいことが大好き。ガラスの可能性に魅了されたという。

ハンドメイド

スガハラは、ハンドメイドにこだわるガラス器メーカー。
世界でたった一つの希少性はもちろん、
ハンドメイドにしかない独特の風合いと本物のデザイン性を実現している。

使う人が微笑んでしまうような
“ぬくもり”を持ったガラス食器を届けるために、
つねに新しい試みに挑んでいる。
そのひとつがオリジナルの感性を持ちながらも
同じ志を持つプロフェッショナルとのコラボレーション。

感性

大草さんの感性で誕生したガラスの器たちは
使う人を笑顔にしてくれるはずだ。

Movie


Lineup

豆皿
01
4枚4種、それぞれの表情で魅せる
豆皿
【4枚セット】
¥10,000(税込)
グラス
02
なごみの時間をつくりだす
グラス
【ペア(2個)※特製マドラー付き
¥10,000(税込)
グラス単品
【単品】
¥5,000(税込)

Profile

菅原工芸硝子株式会社
菅原工芸硝子株式会社
所在地
〒283-0112 千葉県山武郡九十九里町藤下797Google Map
連絡先
TEL:0475-76-3551FAX:0475-76-3553info@sugahara.com
ひとつひとつをハンドメイドで作り上げるガラス製品メーカー。昭和7年、菅原一馬の個人営業により現東京都江東区亀戸でガラス食器の製造に着手。昭和36年に千葉県・九十九里に移転し、以降はこの地を拠点とする。独創性にあふれた丁寧な仕事ぶりは、国内外で高く評価されている。
大草 直子
大草 直子
スタイリスト
1972 年生まれ 東京都出身。立教大学卒業後、婦人画報社(現・ハースト婦人画報社)に入社。雑誌の編集に携わった後、独立。新聞、カタログでスタイリング、エディトリアルをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。WEBマガジン「mi-mollet」のコンセプトディレクター。新媒体「AMARC (amarclife.com)」を主宰。インスタグラム@naokookusaも人気。
立教大学

#2 Naoko Okusa × Hiromitsu Ishii

#2 Naoko Okusa × Hiromitsu Ishii
#2 Naoko Okusa × Hiromitsu Ishii
あらゆるシーンに映える
キャップ

トートバッグ

Story

ディテールにまでこだわりぬく

日常に溶け込む、おしゃれな立教グッズを-
新しい企画は、このビジョンを掲げて始まった。

数多くの立教オリジナルグッズが販売されているが、
大きく配された大学ロゴのため、日常使いが難しい
という声もあった。

だから、まずフォーカスしたのはロゴデザイン。
ただおしゃれであればいい、というわけではなく、
立教らしさも演出しなければならない。
数々の案の中から浮かび上がったのは、立教大学のもうひとつの名『St Paul's』。
これを切り口に、創立150周年へ向けたVISION STATEMENTである
『Lead the Way.』をアイキャッチコピーとして採用した。

今回の制作にあたっては、立教出身のデザイナー 石井洋光さんを起用。
“大人のカジュアルを成功させる”をコンセプトに
トートバッグとキャップの制作に取り掛かった。

ポケットの大きさや持ち手のポジション、サイジング、
ファッションを選ばないカラーリングなど、そのこだわりは細部にまで及ぶ。
スポーツ観戦などアクティブなシーンに馴染み、
カジュアルでありながら、大人の上品さ溢れる逸品に仕上がった。

キャップ&トートバッグ

Movie


Lineup

キャップ
01
顔立ちをシャープに演出
キャップ
【ネイビー】
¥2,500(税込)
キャップ
【カーキ】
¥2,500(税込)
トートバッグ
02
ノートPCも入る2WAY
トートバッグ
【グレイッシュベージュ】
¥3,500(税込)
トートバッグ
【ホワイト】
¥3,500(税込)

Profile

石井 洋光
石井 洋光
デザイナー
1972年生まれ 宮崎県出身。立教大学卒業後、ファッション誌「エル・ジャポン」、「ヴォーグ・ジャパン」のエディトリアルデザイナーとして従事。その後「エル・ジャポン」「エル・ガール」「ハーパーズバザー 日本版」のアートディレクターとして活躍。数々の女性誌、ファッションやビューティ広告など、多岐にわたるフィールドでアートディレクターとして活動中。
立教大学